2008年05月29日

ヲグラ樂器 バリトン(テノールホルン)

 ヲグラ樂器のバリトン(テノールホルン)です。星に碇のマークから推察するに、陸・海(星・碇)兩軍で使はれたものでせうか。

  ogura_bari.jpg


 全國樂器業組合聯合會の「規格檢査合格之證」が貼り付けてあり、「樂器配給協議會認定」、價格が\04.76とあります。よく見ると、「物品税80%税込み價格」となってゐて、驚かされます。製造番號は5829。日管みたいに簡單に年代を特定できさうにないのが殘念です。

 吹いてみましたら、半田外れや、スカスカピストンによる異音が混るものの、とてもよい音色でした。管の組み方も丁寧ですし、思はず「いい仕事してますねぇ」と言ひたくなります。

タグ:楽器
Copyright(C) 2008 岡山(HIDEっち) (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at May.29 01:35 | Comment(1) | TrackBack(1) | ユーフォニアムの歴史と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前略

貴殿の記事の一部を記載させて頂きました。

私もヲグラ樂器の、皇暦1年製造のコルネットを所有しています。 同様に 星に碇のマークが掘られています。 ピストン類に829のナンバリング有りませんか? 貴殿のバリトンは皇暦5年の製造だと推測します。
Posted by preades_green at 2014年03月12日 20:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98360590
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

私の愛機、OGURA・JAPAN コルネット製造者の子孫、見っけた!♪
Excerpt:   嬉しい   そうか〜八王子に工場が有って、戦争始まって軍需工場になっちゃったのか・・・・   ****** ..
Weblog: 宇宙雑学
Tracked: 2014-03-12 20:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。