2008年05月10日

樂器のヘタリ

  tenorhorn_player.jpg

 ユーフォニアム奏者の深石宗太郎氏へご挨拶に伺った日のこと。長年愛用されてゐたサテンシルバーのベッソンを見せていただいた。流石に凹みもなく、ベッソンの美しいフォルムに惚れ惚れとしてゐたのだが、深石氏曰く「吹き始めはいいんですけれどね。數十分すると、音が貧弱になってしまふんですよ。もう樂器がヘタってるんですね。」とのこと。

 樂器のヘタリについては、諸説紛々で、私はどうも確信が持てなかったのだが、つい先日、プロ奏者とアマテュア奏者とでは、樂器の扱ひに雲泥の差があるといふことに、今更ながらに氣づかされた。

 プロ奏者が樂器を吹いてゐる時間といふのは、一日にどれくらゐなのだらうか。毎日最低3時間吹いたとしても、年に最低でも1,095時間だ。この間、ピストンは常に擦り続けられ、樂器は常に振動させられ、管内は唾液や水蒸気で湿ったままだ。

 一方アマテュア(普通に仕事してゐる人)は、週に3時間しか吹けないといふ人も、決して珍しくない。もしこのペースでいったら、アマテュアは年に156.5時間程度しか吹いてゐない。

 この數値からしても、プロ奏者の實感する「ヘタリ」と、我々平々凡々なアマテュア奏者が論ふ「ヘタリ」が同じ土俵で論じられるわけがない。一日に1回風呂に入る人と、週に1回しか風呂に入らない人とが、同列に「浴室の耐用年數」を論じられないやうなものだ。

 少々飛躍するが、プロ奏者が「道具(Instrument)」として樂器を選ぶのと、アマテュア奏者が「趣味(Hobby)」として樂器を選ぶのとでは、根底的に異なるものなのかも知れない。


Copyright(C) 2008 岡山(HIDEっち) (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at May.10 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器・メーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。