2008年05月05日

撮影好調

 樂器積み込んで藝大に行って參りました。

  200504.jpg

 今回の書籍の爲に依頼されたのはピストン系ばかりでしたが、それでもこんなにあるんですね。ノーマルなユーフォニアムを見ると、なぜかホッとします(笑)。これでロータリー系まで入ったら、かなりややこしくなります(まぁそれが現状なのですが)。

 月末、ウィーンに行ってきます。あまり知られてゐないことですが、實はウィーンとユーフォニアムは、縁が深いのです。F.ゾンマーのゾンメロフォンを基に、F.ボックによって製作された、元祖「Euphonion」は、ウィーンにて特許の取得がされてゐます(1844年)し、そのスケッチは、ウィーン工科大学にあります。ブルックナーは、自身の「行進曲 変ホ調」で、テノールホルンとは別に「Euphonion」のパートを書いてゐますし、ウィーンの行進曲のスコアには、ドイツとは違って、しばしば「Euphonion」や「Euphonium」のパートが見られます。

 とは言っても、一應は新婚旅行ですので、あんまりディープにするわけにもいきません。さしあたって、

・美術史美術館(樂器博物館あり)
・ドブリンガー(樂譜屋)
・ナッシュマルクトの蚤の市
・樂器屋

を訪問豫定です。ユーフォニアムが生まれた國の空氣を、いっぱい吸いこんで來ることにします。何か収穫があるといいな、なんて思ふと、ワクワクしてきます。


Copyright(C) 2008 岡山(HIDEっち) (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at May.05 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ユーフォニアムの歴史と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
昨年Jupiterを販売していただいたalfineです。その節は有難う御座いました。
HPはよく見ていますが、Blogがあったのですね。本日始めて気づきました。(^^;
そうそう、ご結婚されたそうで、おめでとう御座います!
新婚旅行に楽器屋さんめぐりは、ちょっと厳しいですね。
私は、円高になってきたのと、テロが少なくなってきたので、今年の7月にLondonへ行くことにしました。どこかお勧めのSHOPがあったら教えて下さい。
Posted by alfin at 2008年05月11日 21:46
 alfineさん、お久しぶりです。

 イギリスも行きたかったのですけれどね… まぁ、またの機會を待ちます。
Posted by 岡山(HIDEっち) at 2008年05月22日 02:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。