2014年04月23日

オフィクレイドで吹奏楽

所属する Hynemos Wind Orchestra の第6回定期演奏会にて、オフィクレイドを演奏しました。

オフィクレイド Ophicleide

曲目はメンデルスゾーンの「吹奏楽(ハルモニームジーク)のための序曲」。バスホルン(Corno Basso)のパートを演奏。メンデルスゾーンは、有名な「夏の夜の夢」などでもバスホルンを指定してゐたさうで、これが後に出版されるにあたって、オフィクレイド、さらにテューバといったパート名になったやうです。

バスホルンとは、セルパンを縦型にし、さらに金属製にしたやうな外観のリップリードの金管楽器。メンデルスゾーンが元々考へてゐた「Corno inglese di basso」といふのは、このバスホルンの一種で、ダブルリードの木管楽器であるイングリッシュホルンのバスではありません(時々そのような間違った解説を眼にしますが…)。管体には指穴の他にキイが着けられてをり、指穴が主体で補助的にキイが着けられてゐたセルパンやそれまでのバスホルンでは困難だった半音階が、より合理的に演奏できたやうです。

english_basshorn.jpg
ブリュッセル楽器博物館所蔵のイングリッシュ・バスホルン(Corno inglese di basso)
19世紀初頭 Frederick Pace 製

オフィクレイドよりもさらに入手が困難なバスホルンは、流石に所有してゐませんので、オフィクレイドで演奏することにしました。ハ長調(C dur)なので、C管を使ふつもりでしたが、事情によりB管を使ひました。サクソフォンやユーフォニアム、テューバなどのパートが入った編曲版に、オフィクレイドのみ、原曲のバスホルンの譜面で演奏しました(ユーフォニアムの譜面はドイツ式バリトンで演奏)。
 


冒頭のホルンのハーモニーに、ファゴットとオフィクレイドによって加はるメロディーが、非常によい雰囲気を出してゐたと思ひます。オフィクレイドで演奏すると、曲のニュアンスがよりはっきりとする感じがしました。現代の楽器では、意識して、意図的にやらなければならないことが、オフィクレイドなら特に意識しなくてもしっくりとできるやうに思ひました。是非、ナチュラルトランペットやナチュラルホルンの加はった演奏に、いつか取り組んでみたいと思ってゐます。
 
Copyright(C) 2014 岡山(HIDEっち) (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Apr.23 05:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | オフィクレイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。