2010年06月21日

ホルストの組曲 原典版

 First Suite in E flat for Military Band op.28a のホルスト直筆譜について、作曲家の伊藤康英氏のブログに、素晴らしい情報がありました。

ロンドンの、大英図書館で、ホルストの第1組曲の、ホルスト自身の手書き譜を見てきたのです。この成果は、洗足でも実際に音にして研究発表をしようと思うのですが、バンドジャーナルの付録楽譜としてスコアを出版します。

7月10日発売号に第1楽章、それから隔月で第2楽章、第3楽章。さまざまな版の違いも明らかにし、校訂報告もつけます。


 樂しみですね!

 永久保存版ですね。必ず買はなくては。
 


Copyright(C) 2010 岡山(HIDEっち) (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Jun.21 02:25 | Comment(5) | TrackBack(0) | ユーフォニアムの歴史と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは良い情報です。
ちょうどいま第一組曲に取り組んでいる(秋に演奏予定)ので、
私も手に取ってみようと思います。

さまざまな版、となっていますけど、
入手しやすいものだと何種類くらいあるんでしょうね。
Posted by にじる。 at 2010年06月21日 09:02
ご無沙汰しております。

BJ買いました。
旅先で、スコアを眺めておりますが、Batirone の扱いたるや、やはり Euph とはまったく別もの。
面白いとは思うものの、演奏しようと思うと楽器を別に用意しなくてはならず、大変そう。
少なくとも Euph で、Baritone のパートは吹きたくないですね。
Posted by へい at 2010年07月16日 08:45
ユーフォでやったら、響きが重いでしょうね。
Posted by 岡山(HIDEっち) at 2010年08月05日 01:49
最近になってホルスト氏の自筆の第二組曲のスコアがWeb上で閲覧可能になっているのを見つけました。

http://imslp.org/wiki/Second_Suite_for_Military_Band,_Op.28_No.2_%28Holst,_Gustav%29

にある manuscript のものです。
Posted by さとう改めまさ at 2011年02月09日 01:22
すでに樂團の友人から教へて貰ってゐまして、保存してあります。これについては、また大きな發見があり、いづれ詳しく書きたいと思ってゐます。
Posted by 岡山(HIDEっち) at 2011年02月23日 01:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。