2009年05月08日

アライアンスのマウスピース

  allance_ep.jpg

 アライアンスのユーフォニアム用マウスピースは、肉が厚いので、抵抗を上手く味方につけると、効率の良い演奏が可能です。年季の入った楽器(特に肉厚の楽器)よりも、「新しい楽器向け」な感じがします。また、必要以上にきつい(堅い)アタックをしてしまう方や、吹いている時に舌が浮いてしまっている方には、あまりお勧めできません。

【ベッソンのプレスティージュをお使いの方】

 2か3がお勧めです。

 2は、現在販売中のプレスティージュに付属のマウスピースです。デニスウィックのSM3に相当し、ミード氏自身が使っているとのことです。大変大きいので、力任せに吹くと、荒い音になってしまいます。効率のよい奏法をしていないとキツく感じられるかも知れません。

 3は、デニスウィックのSM4に相当し、ミード氏が監修しています。SM4との決定的な違いは、カップ外部の肉の厚さです。楽器自体の抵抗が大きすぎると、この抵抗が邪魔になるかもしれません。うまく抵抗を味方につけると、無理のない、柔らかい響きがします。

【ベッソンのソヴェリンや他のメーカーをお使いの方】

 3aか4がお勧めです。

 3aは、現在販売中のソヴェリンに付属のマウスピースです。ドイツで製造された新しい型のソヴェリンにしっくりきます。他のメーカーの楽器でも、ブリティッシュな響きがするのが不思議です。

 4は、SM5に相当しますが、明るい響きで、コントロールしやすく、以前のソヴェリンや、ウィルソンなど、他のメーカーの楽器にもよく合う感じでした。プレスティージュ以外の方は、どれがいいか迷ったら、まずはこれをお求めになると良いかと思います。

 古いインペリアルやニュースタンダードには、4が最も適している感じがしますが、よりブリティッシュなサウンドを求めるなら、3aの方が良さそうです。

 詳しいスペックはこちらをご覧下さい → bareu.pdf
 
 以上、Saxhorn Depot のコラムより
 http://saxhorn.seesaa.net/article/118818801.html

 Saxhorn Depot では、アライアンスのマウスピースを各種在庫しております。
 


Copyright(C) 2009 岡山(HIDEっち) (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at May.08 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器・メーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。