2009年05月07日

自由演奏会Y150(横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホール)

  y150.jpg

 GW最終日、自由演奏会Y150(横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホール)へ行ってきました。毎度ながら、運營のtamaさんには、感謝です。

 今回は、所屬する樂團の本番前なので、本番でも使ふ B&Hのサテンと、Yorkのプリファレンスの二台だけ持參したのでした。歸り際に、どこからともなく、「ダブルベルとか、なかったねえ」「ワグナーテューバもあるのかと思った」といふ會話が聞こえてきました。はい、今回は普通のユーフォ二台だったので、他人の振りして、そそくさとその場を離れました。

 いや、流石にワグナーテューバは持ってないですよ(ホルンのマウスピースでは、私は吹けません)。多分、前に持って行ったテノールホルンかドイツ式バリトンを、誰かが「ワグナーチューバ」とどこかに書いたか、喋ったかしたのでせう。

 曲にもよるのですが、珍しい樂器は、次回、元祖自由演奏会に行かれたら、その時にでもまた。
 
タグ:自由演奏会
Copyright(C) 2009 岡山(HIDEっち) (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at May.07 00:38 | Comment(5) | TrackBack(1) | コンサート・ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どーも、後藤田です。

これ読んで、「あ、そういえば自分の演奏はどうだったかな」という気持ちが急に・・・・・・。
どうも最近、音量を出すために変に力んでいたみたいです。それが逆に深いブレスをとりにくくしたり、リズムが遅れたりする原因なのかもしれません。もっと肩を楽にして吹こうと思います。
ようやく気がつきました。ありがとうございました。
Posted by 後藤田 at 2009年05月07日 20:01
後藤田さん、コメント有り難うございます。

折角コメントしてくださったのですが、こちらの記事の一部を削除しました。この件については、また別の形で書かうと思ってゐます。直接は自由演奏会の話題ではないですし、なかなか難しい問題な上に、誤解されると余計に厄介なので…。
Posted by 岡山(HIDEっち) at 2009年05月07日 22:22
了解しました。
この話はまたの機会に。
Posted by 後藤田 at 2009年05月07日 22:53
最近、私の友人で、自由演奏会に、実際にワーグナーチューバを持参して参加される方がいらっしゃいます。その方と混同されたかも知れませんね。 


もし、自由演奏会に参加されるのなら、また、私の友人がワーグナーチューバを持ってきたなら、テノールホルン(またはバリトン)で、「左右対称!」なんてやってみましょうか(笑)?
Posted by サン・ラ at 2009年05月09日 07:30
さういへば、ヴァークナーテューバで参加した方がいらっしゃいました。ケース見て「おっ」と思ひましたが、メーカーまではわからず。

本牧TVさんの動画で、ホルンセクションを良く見ると、映ってゐます。
http://www.stickam.jp/search/media?media_type=video&search_by=user&user_id=174911613
Posted by 岡山(HIDEっち) at 2009年05月09日 11:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

自由演奏会 Y150
Excerpt: 前日のセッションに引き続き、朝、早く起きて、横浜へ…
Weblog: 凡人の世中観
Tracked: 2009-05-08 23:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。