2014年07月06日

21世紀に蘇ったオフィクレイド AMUSE CLASSIC

 3年ほど前にオフィクレイドを入手して、その後オーケストラのエキストラや吹奏楽の中で使ってきました。150年ほど前のB管と、100年ほど前のC管を使ってきましたが、ふと、現代の技術で作ったら、もっと使ひ勝手がよいものができるのではないかと考へ、取引先の協力工場にプレゼンをし、レプリカを作成することになったのが今年の初め。6月にやうやくC管が完成しまして、当方のオリジナルブランドとして正式に販売を開始しました。

 01.jpg
 AMUSE CLASSIC C管オフィクレイド ACP-911C
 http://www.euphonium.biz/#!amuse-classic-ophicleide/c1xti
(楽器店、リペア工房への卸販売も可能ですので、ご興味がありましたらお問合せ下さい。)

 工場は中国ですが、中国でも群を抜いて優れたユーフォニアムを造ってをり、かつサキソフォンも製造してゐるといふことで、持ちかけてみたのが大成功でした。また、元にした楽器がケノンの11鍵といふ、大工場で大量生産を始める頃のモデルで、キイの位置やクルークの角度などが万人向けに設計されてゐるのも功を奏しました。このオリジナルに若干の改良を加へて、この21世紀にオフィクレイドを蘇らすことに成功しました。

 ピリオド楽器による演奏に関心が高まる昨今、オフィクレイドは最も注目されている楽器の一つかと思ひますが、いかんせんもう造ってゐる工房がなく、世界中の奏者の多くが100年以上前の楽器をレストアするか、高額なレプリカを造って演奏してゐる、といふのが現状でした。

 今回かうして蘇ったオフィクレイドは、流石にオリジナルよりも音に張りがあり、音量もあります。丁度来日中のR.セントパリ氏にも試奏して頂き、お陰様で好評を頂きました。また、既に多くのプロユーフォニアム奏者やプロテューバ奏者にも試奏して頂いてをります。早速所属するオーケストラで演奏したいとご注文をされたアマテュア奏者の方もいらっしゃいました。有り難いことです。

 私自身もこの楽器をメインに、演奏活動を続けていきたいと思ってゐます。「幻想交響曲」などに代表されるH.ベルリオーズの作品、「夏の夜の夢」などに代表されるF.メンデルスゾーンの作品へのエキストラなどありましたら、是非お声をおかけ下さい。また、レクチャー、フェスティヴァル等の展示などのご相談はお気軽にどうぞ。
 
Copyright(C) 2014 岡山(HIDEっち) (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Jul.06 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | オフィクレイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

オフィクレイドで吹奏楽

所属する Hynemos Wind Orchestra の第6回定期演奏会にて、オフィクレイドを演奏しました。

オフィクレイド Ophicleide

曲目はメンデルスゾーンの「吹奏楽(ハルモニームジーク)のための序曲」。バスホルン(Corno Basso)のパートを演奏。メンデルスゾーンは、有名な「夏の夜の夢」などでもバスホルンを指定してゐたさうで、これが後に出版されるにあたって、オフィクレイド、さらにテューバといったパート名になったやうです。

バスホルンとは、セルパンを縦型にし、さらに金属製にしたやうな外観のリップリードの金管楽器。メンデルスゾーンが元々考へてゐた「Corno inglese di basso」といふのは、このバスホルンの一種で、ダブルリードの木管楽器であるイングリッシュホルンのバスではありません(時々そのような間違った解説を眼にしますが…)。管体には指穴の他にキイが着けられてをり、指穴が主体で補助的にキイが着けられてゐたセルパンやそれまでのバスホルンでは困難だった半音階が、より合理的に演奏できたやうです。

english_basshorn.jpg
ブリュッセル楽器博物館所蔵のイングリッシュ・バスホルン(Corno inglese di basso)
19世紀初頭 Frederick Pace 製

オフィクレイドよりもさらに入手が困難なバスホルンは、流石に所有してゐませんので、オフィクレイドで演奏することにしました。ハ長調(C dur)なので、C管を使ふつもりでしたが、事情によりB管を使ひました。サクソフォンやユーフォニアム、テューバなどのパートが入った編曲版に、オフィクレイドのみ、原曲のバスホルンの譜面で演奏しました(ユーフォニアムの譜面はドイツ式バリトンで演奏)。
 


冒頭のホルンのハーモニーに、ファゴットとオフィクレイドによって加はるメロディーが、非常によい雰囲気を出してゐたと思ひます。オフィクレイドで演奏すると、曲のニュアンスがよりはっきりとする感じがしました。現代の楽器では、意識して、意図的にやらなければならないことが、オフィクレイドなら特に意識しなくてもしっくりとできるやうに思ひました。是非、ナチュラルトランペットやナチュラルホルンの加はった演奏に、いつか取り組んでみたいと思ってゐます。
 
Copyright(C) 2014 岡山(HIDEっち) (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Apr.23 05:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | オフィクレイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

オフィクレイドとヴァルヴ・オフィクレイド

ドイツのズィーレから「オフィクレイド」といふ名稱の樂器が發賣されてから、オフィクレイドにもまた色々な誤解が生じてゐるやうだ。Twitter などで「オフィクレイドを吹いた!」「見た!」といった話の寫眞を見ると、このズィーレの樂器だったりすることが少なくない。そして、「この樂器はベルリオーズやメンデルスゾーンが指定してゐる」などと得意氣に説明してゐたりする。こんな風に知識を蓄へてしまっては、いづれ「テナーテューバ」と同じく、もうどこから誤解を解いていったらいいのかわからない状態になるのではないかと危惧してゐる。

そこで、オフィクレイドに對する知識をもう少し正確に掴めるやう、記しておきたい。

 DSC03462.jpg Jurgen_Bednarz.jpg
 本來のオフィクレイド(演奏してゐるのは筆者)とズィーレの製造販売する「オフィクレイド」。
 大きさも見た目も全く違ふのがよくおわかりになるかと思ふ。
 これをそのままオフィクレイドとして考へてよいのだらうか?

オフィクレイドは19世紀初めに發明され、主にフランスやイギリスのオーケストラや軍樂隊で用ゐられた金管樂器。現在のユーフォニアムと同じ長さの圓錐形の管體に、半音ずつ音孔が空けられて、その音孔をキイで開閉して音を變へる。B管とC管があって、キイの數は9〜11。ベルリオーズの「幻想交響曲」には2パートが指定されてをり、第5樂章「ワルプルギスの夜の夢」では、4本のファゴットと共に「怒りの日」を奏でる。

 ophicleide.jpg
 筆者所有のオフィクレイド。左がB管、右がC管。

一方のドイツやオーストリアでは、この樂器とは別の金管低音樂器が作られて、それらが「オフィクレイド」として使はれてゐた。その一つが「ヴァルヴ・オフィクレイド(Ventilophikleide)」。オフィクレイドのやうな圓錐状の管體で、ベルの形もそっくり。ただし、音孔をキイで開閉するのではなく、ヴァルヴで管を切替へて音を變へる。

しかし、本來のオフィクレイドと同じ長さの管體に、金管樂器によく用ゐられる三本のヴァルヴを装備しただけでは、本來のオフィクレイドの低音域を半音階で演奏することが出來ない(三本ピストンのユーフォニアムでペダルのAまでの半音階が出來ないのと同じ)。

そこで、本來のオフィクレイドよりもさらに長い、F管またはEs管の管體を用ゐた。これなら、三本のヴァルヴでC管オフィクレイド最低音のHの音(またはB管オフィクレイド最低音のAの音)までの半音階が演奏可能になるといふわけなのだ(この管長とヴァルヴの關係については、佐伯茂樹氏から教へて頂き、目から鱗であった)。

 ventilophicleide.jpg
 ヴァルヴ・オフィクレイド in F/ベルギー・ブリュッセル楽器博物館所蔵
 (同博物館ではウィーン式ボンバルドンと記載)

やがてヴァルヴの位置などが變更されたものも作られた。こういった「ヴァルヴ・オフィクレイド」はまた「ボンバルドン(Bombardon)」とも呼ばれ、後の太いテューバの源流であったとも考へられてゐる。

 bombardon.jpg
 ボンバルドン in F/ウィーン新王宮古楽器博物館所蔵
 (同博物館ではテューバと記載)

さて今、ズィーレが作ってゐるのも、このヴァルヴ・オフィクレイドやボンバルドンの範疇に入るものと言ってよいのではないかと思ふ。もちろんかうした古い樂器をそのまま製造してゐるわけではなく、伝統を踏襲しながらも、現代の技術やシステムを採用して、現代のオーケストラで「オフィクレイド」のパートを演奏するに相應しい樂器として開發された、温故知新的な樂器だと思ふ。

だからと言って、これをそのまま「オフィクレイド」と呼ぶのは如何なものか。そして、ベルリオーズやメンデルスゾーンはこの樂器を指定してゐる、などと説明するのは如何なものかと思ふのである。

「オフィクレイド」のパートを演奏するために作られたのだから「ボンバルドン」と呼ぶのは抵抗があるだらうが、誤解を招かないやう、せめて「ヴァルヴ・オフィクレイド」と呼んでみてはどうだらうか。
 
Copyright(C) 2014 岡山(HIDEっち) (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Jan.14 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | オフィクレイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オフィクレイドでオーケストラに メンデルスゾーン「夏の夜の夢 序曲」

11月の「エリア」に續いて、12月はSENZOKOジュニアオーケストラの定期演奏會で、エキストラとしてオフィクレイドを演奏しました。ジュニアオーケストラとは言っても、ジュニアがゐるのはヴァイオリンとチェロのみで、他のパートは先生や音楽大學の學生さん達です。

 vlcsnap-2013-12-09-13h33m53s94.jpg

樂屋も一人部屋をご用意頂くといふ身に余る待遇(余計に緊張しさうでした(笑))。

 1479239_698287656862619_867455194_n.jpg

ユビキタスバッハとは違ひ、モダン樂器のみのオーケストラでしたので、音程や音量のバランス、音色の違和感にかなり苦勞しましたが、指揮者の久行氏(作曲家でもある)からは「テューバで演奏すると、どうも音量音質共に浮いてしまって、疑問でした。オフィクレイドで演奏すると、出しゃばることなく木管樂器とよく溶け込んでゐて、このバランスがメンデルスゾーンの意圖してゐたところなのだらうと納得ができました」とのお言葉を頂きました。

また、序曲には、面白いことにトロンボーンが含まれてをらず、「エリア」とは大分役割が違ってゐる感じがしました。佐伯茂樹氏によれば、メンデルスゾーンの自筆譜にはオフィクレイドではなく、イングリッシュ・バスホルン(Corno Inglese di Basso)と記されてゐたさうです。イングリッシュ・バスホルンを吹いた経験がないので、響きをイメージしにくいのですが、色々な寫眞を見ると、オフィクレイドのやうに半音順にキイが装備されてゐるわけではなく、セルパンと同じく、指の届きさうなところに指穴が開けられてゐて、足りない分をキイで補完するやうな構造の樂器であることがわかります。音程をきちんと取って安定した響きを出すのは、オフィクレイド以上に大變さうです。

 basshorn.jpg
 イングリッシュ・バスホルン Griesling & Schlott製 (Ger. Berlin)
 (Guenter Dullat, "Holtzblasinstrumente und Metallblasinstrumente auf Auktionen 1981-2002", P.178, Guenter Dullat, 2003. )

佐伯氏は御著書の『名曲の暗号: 楽譜の裏に隠された真実を暴く』(音楽之友社)で、メンデルスゾーンはこの曲において、「鳴き声の最も惡い動物」であるロバ(劇中に頭をロバにされてしまった男が登場する)の概念を、この樂器に表現させたのではないかと書いてをられます。

実際、ソロの場面は、オフィクレイドにとってもなかなかシビアな最低音でして、なんとかしようとしてこんなおっかない顏で演奏してゐたやうです(笑)

 vlcsnap-2013-12-09-13h39m57s36.jpg

なほ、このイングリッシュ・バスホルンの指定は、今年の4月に Hynemos Wind Orchestra で演奏する「ハルモニームジーク(吹奏樂)のための序曲」にもあり、興味深いところです(オフィクレイドで演奏します)。

今回はケノン製のC管(11鍵)を使ひました。高音から低音まで音域が廣かったですが、モダンオケと演奏するため、マウスピースは「エリア」の時と同じ、やや深いレプリカ(元のメーカー等は不明)を使ひました。一番左のマウスピースです。

 1403114_675740322450686_1030401016_o.jpg

といふことで、昨年後半に二度もエキストラとしてお声をかけて頂いたオフィクレイドの演奏ですが、機會を頂けましたら今後も演奏していきたいと思ってゐます。

SENZOKUジュニアオーケストラ 第5回定期演奏会
2013.12.01 Sun
開場:10:30 開演:11:00
洗足音楽学園 前田ホール

指揮:久行敏彦

Program
メンデルスゾーン/真夏の夜の夢より 序曲
ウェーバー/クラリネット五重奏
モーツァルト/交響曲 第35番 「ハフナー」


Copyright(C) 2014 岡山(HIDEっち) (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Jan.14 03:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | オフィクレイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

ついにADAMS のユーフォニアム入荷!

待望の ADAMS のユーフォニアムが入荷した。國内の樂器店で正式に販賣してゐるのは、當 PROJECT EUPHONIUM のみ。樂器については、販賣サイトをご覧頂くとして、このブログには、個人的な感想を記しておきたい。

 01.jpg
 販賣サイトはこちらまたはこちらです。

自分自身で試奏して、またプロ奏者の方々に試奏して頂いて、アマテュアのユーフォニアム奏者の樂器選びについて色々と考へさせられるところがあった。(以降アマテュアの話)

ユーフォニアムを購入する場合、「先生が選んだものを買ふ」といふのは別として、「ベッソンのこの音色」「ウィルソンのこの音色」といふ風に、まずは音色の好き嫌ひでブランドを選ぶケースが多いのではないとか思ふ。そこに「音程」「ダイナミクス」などのコントロール加減や、総合的な吹きやすさ(發音や音抜けなど)などを加味して最終決定していくやうに思ふ(そして、音色に特にこだはりがなければ、コントロールのしやすい「ヤマハ」を選擇する)。

ところが、ADAMS を吹いてゐると、ベッソンやウィルソンのやうな「ああ、この響きだ」といふものを感じない。それなのに響きに不満がない。間違ひなくユーフォニアムの「よい響き」がするのだ。

そして、レスポンスの良さに驚くはずだ。まづ、發音が早く、クリアだ。とかくこれまでのユーフォニアムは反應が鈍い。このためにほんの少し早くタイミングを取る癖がついてゐる人は、かなり動揺するのではないかと思ふ。

さらに、きちんと息を入れて、フィンガリングのタイミングさへ合ってゐれば、一つ一つの音が樂に鳴り、細かい音符や跳躍のフレーズもコントロールが可能だといふことがわかるはずだ。従來「これみよがし」にエアやリップをコントロールして、「吹けてゐるような感じ」にしてきた方は、今までの苦勞は一體何だったのかと思ふに至るだらう。音程やダイナミクスのコントロール、フレージングが思ひのままになっていく快感は、「豊かな音色主義」に拘泥せずに、「では何をどう表現するか」といふ新たな(しかし音樂として本質的な)欲求を生み出すに違ひない。

どうも私達はこれまでユーフォニアムの樂器としての機動的な問題點を、「豊かな音色」と引き替へにごまかしてきたやうな氣がしてならない。自分がやるにしろ、プロ奏者の演奏を聽くにしろ、速いフレーズがぎこちなかったとしても、跳躍が無理矢理に繋げられてゐたとしても、指をバタバタ動かし、吹き込んで無理に樂器を鳴らして、なんとなく凄いことをやってゐるやうな氣にさせれば(なれば)それでいいのじゃないかといふ、そんな甘えはなかっただらうか。

結果、「音楽を奏でる」のではなく「樂器を吹く」こと、「音樂を聽く」のではなく「音を聞く」ことばかりに一生懸命になって、丁度田舎者がブランド品で無理に着飾ったり、高いコスメでどぎつい化粧をしてゐるやうな、素材ばかりに目を向けてセンスを磨かないアマテュア・ユーフォニアム奏者(私も含め)を氾濫させたのではないかといふ危惧を抱いてゐる。

ADAMS の登場は、今までの「音色」の好みを基準にした樂器選擇、そして演奏を、根底から覆しうるユーフォニアムの誕生と言ってよいのではないかと思ふ。

私はどちらかといふとプロフェッショナル向けのインストゥルメントという印象を持ってゐた。しかし、「樂器を吹く」樂しみから「音樂を奏でる」樂しみを見いだしうる樂器であることに氣づいてからは、むしろ心あるアマテュアに大いに勧めたい樂器だといふ思ひがしてゐる。
 
Copyright(C) 2013 岡山(HIDEっち) (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Nov.26 02:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器・メーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。